8月5日(土) beipana live at NEWPORT

スティール・ギター奏者でありダウンテンポ・プロデューサーのbeipanaによるソロ・ライブを、NEWPORTで開催します。ファースト・アルバム『Lost in Pacific』や、最新EP『Dusk and Summer EP』がNEWPORTでもヘビープレイされているだけにこのライブは嬉しい限り。DJ陣によるチルアウトな選曲もあわせて、真夏の一夜を涼しげな音楽とともに過ごしましょう!

beipana live at NEWPORT

8月5日(土)Open/Start 20:00
Live: beipana
DJ: COMPUMA, Pepe California
Music Charge: 1,000円 (別途1ドリンクオーダーお願いいたします)

[ご予約方法]:お名前、人数、お電話番号を明記の上、件名を「beipana 予約」として下記アドレスまでメールでお申し込み下さい。
e-mail: liveatnewport2010@gmail.com

*席数に限りがありますのでお早めにご予約ください。スタンディングの方は当日でもご入場いただけます。
*ライブの前後はフードメニューがご利用いただけます。


/////////////////////////////////////////////////

▪︎beipana
ダウン・テンポ、バレアリック・トラックを制作するプロデューサー、DJ、スティール・ギタープレイヤー。オリジナル音源制作、ラップ・スチール・ギターとエレクトロニクスを組み合わせたライブ活動、国内外のミュージシャンのリミックスも手掛ける。2015年8月にデビュー7インチ『7th voyage』をJETSETよりリリース。同年11月にMy Little AirportのNicoleなどが参加したデビューアルバム『Lost in Pacific』を全国販売。
https://beipana.bandcamp.com/

7月 19, 2017 by Tsurutani

今日の一曲 : beipana “Dusk In The Desert”

スライド・ギター奏者にしてバレアリック/ダウンテンポ・プロデューサーのbeipanaによるニューEPが今月初めにBandcampでリリースされています。”Dusk In The Desert” と “Summer Reflections” の2曲からなる『Dusk and Summer EP』は、両曲ともうだるような暑さの夏の夕暮れに聴いたら最高にハマりそうなスライド・ギターによるチルアウト・チューン。Bandcampでフリー・ダウンロードできます。beipanaがSoundcloudで公開しているBlondieのカバー “Heart Of Glass (Pacific Balearic Mix)” も最高なのですが、こちらもリンク先の[...More]のところから[↓Download]を選択するとフリーでダウンロードできますよ。

7月 17, 2017 by Tsurutani

今日の一曲 : Carmen Villain “Red Desert”

ニューディスコからインディー、エレクトロニカまで、多彩ながらも一本筋のとおったリリースを続けるノルウェーのレーベル、Smalltown Supersoundから2013年にデビュー・アルバム『Sleeper』を発表したCarmen Villain。ちょうど日本盤の発売元であるCalentitoの方から、「彼女の新作が秋に出るので聴いてみてください。発売日は未定ですが。」と音源をいただいたばかりのタイミングで、セカンド・アルバムとなる『Infinite Avenue』が海外のサイトなどでアナウンスされました。あわせて公開された “Red Desert” が素晴らしいのですが、アルバムも全曲かなり良いので要チェックです。シンガー・ソングライターでマルチ・インストゥルメンタリストのCarmen Villain本人がセルフ・プロデュースしたアルバムで、パーソナルな世界を音数の少ない映像的なサウンドスケープで描いた作品。プレス・リリースによれば、”Red Desert” はミケランジェロ・アントニオーニの『赤い砂漠』からインスパイアされたそうだし、何よりもアルバムのジャケはジーナ・ローランズのポートレートってことで、映画好きのみなさんにも強くおすすめします。『Infinite Avenue』はSmalltown Supersoundから9月8日リリース(日本盤はCalentitoから、ボーナストラック収録予定で発売日未定)。先月リリースされた先行シングル『Planetarium』にはなんとGigi Masinによるリミックスも2曲入っています。

『Infinite Avenue』 Tracklist:

01. Infinite Avenue
02. Red Desert
03. Simple Things
04. Quietly
05. Borders (Feat. Jenny Hval)
06. She’s Gone To California
07. Connected
08. The Moon Will Always Be There
09. Water
10. Planetarium

7月 14, 2017 by Tsurutani

今日の一曲 : Rhye “Please”

Rhyeの4年振りとなる新曲が突如リリース。まずはストリーミングのみのようです。しかし2曲とも素晴らしいですね。シンガーのMike Miloshによるシルキーなヴォーカルと、プロデューサーのRobin Hannibalによる抑制のきいたプロダクションの組み合わせは相変わらず極上です。SpotifyやApple Musicで聴けます。

UPDATE: ビデオもどうぞ。

7月 07, 2017 by Tsurutani

7月15日(土)MY PORT/OUR TABLE

山本ムーグさんと福岡邦子さんが主催するオープンDJパーティーです。お気に入りの曲を用意して、お気軽にご参加ください!

<MY PORT/OUR TABLE>

7月15日(土)20:00 – 24:00
チャージ・フリー(要1ドリンクオーダー)

/////////////////////////////////////////////

マイポート/アワテーブル MY PORT/OUR TABLE

ポスト POST/KAZUON(山本ムーグ)
ポステス POSTESS/UNICO((福岡邦子))

お店に来てくれたみんなが、好きな曲を3曲くらいかけれる、オープンDJパーティーです。

DJスタイルは、一曲ごとにバトンタッチしていくBACK TO BACK。そして、今回の選曲テーマは、NEWPORTでかけたい曲、聴きたい曲です。

音源はレコード、CD、そして、みんなのモバイルやラップトップに入ってるデータでもOKです。

θθ)<DJ機材のこと、わかんない方もいると思うけど、
ぼく、アテンドするんで、だいじょぶです!

NEWPORTのいわれは、アメリカ・ロードアイランド州南東部の港町から、だと思うんだけど、今回は、PORTのラテン語の語源、PORTA=「運ぶ」、にちなんで、みんなのNEWを持ち寄りましょう。

ビーチを吹き抜ける海風みたいにね○

(山本ムーグ)

6月 28, 2017 by Tsurutani

7月のNEWSOUNDスケジュール

NEWPORTの毎週土曜日のDJイベント、NEWSOUNDの7月のスケジュールです。

7/01 wizzjones
7/08 馬場一浩
7/15 「MY PORT / OUR TABLE」 
    ポスト POST/KAZUON (山本ムーグ),
    ポステス POSTESS/UNICO ((福岡邦子))
7/22 青野賢一
7/29 「7インチ・ナイト」DJ: 高木慶太、山崎真央、秋葉裕介、Ami (Prince Graves)、マダムM (アコテ)、山室毅聡、NP店主、DJ Kazz and more…

21:00 – 24:00(7/15は20:00 – 24:00)
Charge free.
Enjoy music.

*NEWSOUNDとは
様々な選曲者を迎え、通常営業のNEWPORT店内が最高の音楽で彩られます。チャージフリーで、いつもどおりお食事やワインをお楽しみ頂けます。

6月 27, 2017 by Tsurutani

6月のNEWSOUNDスケジュール

NEWPORTの毎週土曜のDJイベント、NEWSOUNDの6月のスケジュールです。

6/03 80’s サントラ・ナイト Vol.2
6/10 馬場一浩
6/17 de.te.ri.o.la Live: Prince Graves, PunPunCircle, Nag Ar Juna DJ: Yojiro Suda (mitsume)
6/24 青野賢一

21:00 – 24:00(6/17は20:00 – 24:00, チャージ1,500円)
Charge free.
Enjoy music.

*NEWSOUNDとは
様々な選曲者を迎え、通常営業のNEWPORT店内が最高の音楽で彩られます。チャージフリーで、いつもどおりお食事やワインをお楽しみ頂けます。

6月 10, 2017 by Tsurutani

6月17日(土)ライブイベント ”de.te.ri.o.la”

デビュー・アルバム『HALF AWAKENING』をリリースしたばかりのPRINCE GRAVESが所属する東京のインディー・レーベル、de.te.ri.o.ra.tionのショーケース・イベントです。レーベルの3アーティストによるライブと、ゲストDJのプレイする音楽をお楽しみください!

<de.te.ri.o.la> (デテリオラ)

6月17日(土)Open/Start 20:00
Live: Prince Graves, PunPunCircle, Nag Ar Juna
DJ: Yojiro Suda (mitsume)
Charge: 1,500円 (+1オーダー)

/////////////////////////////////////////////////

Prince Graves
Ami Kawaiによるソロプロジェクト。She Talks Silenceのメンバーとして活躍後、2015年から本格的に活動開始。バンドセットではサポートに若手インディー注目株のCairophenomenonsを迎え、La sera,Iko Cherieのオープニングアクトなど、東京をベースに活動している。今年5/24にデビューアルバム「Half Awakening」をリリース。宅録とバンドセットでのスタジオ録音を収録。浮遊感のあるヴォーカルにノイズギターが溶けるサイケデリックドリームポップ。独特な世界観のミュージックビデオやアートワークは自ら手がけている。

PunPunCircle
2013年から弾き語りのLIVE活動を開始。同時にsoundcloudで宅録の音源を発表。LIVE音源カセット『Live in Miyazaki』を自主リリース。2015年に7INCHシングル『Tsuki Nukeru』をリリース。2016年にファーストアルバム「PUN!」をリリース。ギターのみならず、ベース、シンセ、マンドリン、ウクレレ、シロフォン、パーカッション等を自ら演奏し、様々な国のリズムを取り入れた日本語でありながらもどこか異国を感じさせる楽曲を制作している。New Houseのギタリストとして活動しながら、ミツメ、Nag Ar Juna等のバンドへサポートとして参加。

Nag Ar Juna
Nag Ar Juna(ナガルジュナ)。プロデューサーやエンジニアとして00年代以降の国内インディ・シーンの様々な重要作品に携わってきた橋本竜樹のプロジェクト。’10年にLPとカセットのみで発表されたアルバム『How Many Friends Can Die Happily?』が話題となり、翌々年にWHITE LILYよりCD化。現在ライヴをサポートしているメンバーは須田洋次郎(ミツメ)、PunPun(New House)、YUJI ANDO(golf)、JUN(80kidz)など。アナログリリースを中心とする自主レーベルとしてde.te.ri.o.ra.tionを主宰。

6月 06, 2017 by Tsurutani

6月3日(土)80’s サントラ・ナイト Vol.2

昨年7月の「80’s サントラ・ナイト」ではかけたい曲が4時間の中に到底収まりきらず、より一層サントラ道を極めてまたやろうということになりまして、今年も開催させていただきます! 1980年代に公開された映画のサウンドトラックに限定して、3人のDJが今年は5時間たっぷり選曲します。自分たちのテンションが上がり過ぎた昨年の反省を踏まえ、今年はじっくり聴かせる選曲となりますでしょうか!? 知れば知るほど奥の深い80’sサントラの世界をどうぞご堪能ください!

<80’s サントラ・ナイト Vol.2>

6月3日(土)19:00 – 24:00
選曲:山崎真央, DJ Kazz, 鶴谷聡平
チャージ・フリー

<これまでの○○ナイト>
ニーナ・シモン
セルジュ・ゲンズブール
ジョニ・ミッチェル
トム・ウェイツ
カエターノ・ヴェローゾ
山下達郎
ドナルド・フェイゲン
ヨ・ラ・テンゴ
シャーデー
YMO
ECM
山下達郎 Vol.2
ロイ・エアーズ
ザ・ビーチ・ボーイズ
ユーミン
エルヴィス・コステロ
マーヴィン・ゲイ
ア・トライブ・コールド・クエスト
エヴリシング・バット・ザ・ガール
山下達郎 Vol.3
タニア・マリア
エリック・サティ
ジェームス・テイラー
バービーボーイズ
山下達郎 Vol.4
山下達郎 Vol.5
プリンス
80’s サントラ
大瀧詠一
モンティ・アレキサンダー
バート・バカラック
クレプスキュール
ザ・スミス
ユーミン Vol.2
山下達郎 Vol.6

5月 31, 2017 by Tsurutani

今日の一曲 : Chromatics “Shadow” from Twin Peaks

5月21日にアメリカで放映が始まった『ツイン・ピークス The Return』(日本では7月22日にWOWOWで放送スタート)。日本ではまだ動画は一切見れませんが、各サイトやYouTubeには熱いレビューがたくさん上がっていて、いきなりのデヴィッド・リンチ・ワールド全開の様子で期待が膨らみます。初回のエピソードの最後でなんとJohnny Jewelのバンド、Chromaticsがロードハウスのステージで彼らの2015年の曲である “Shadow” を演奏しているらしく、このタイミングで新しいMVが公開されました。ブラック・ロッジを思わせる赤いカーテンの前で演奏してます。新シリーズのキャストのリストにいろんなミュージシャンの名前があることから(Sky Ferreira, Sharon Van Etten, Eddie Vedder, Trent Reznor, Julie Cruiseなど)、今後のエピソードでも誰かが登場してパフォーマンスするのかもしれないですね。

そして『ツイン・ピークス The Return』の放映に合わせて、オリジナルのサントラ各種がヴァイナルでリイシュー新シリーズのサントラも9月8日にRhinoからリリースとなるようです。

新シリーズのサントラのアートワークはこちら。

5月 24, 2017 by Tsurutani
NEW SHIP